館林 歯科 歯医者 ホワイトニング 小児歯科 審美歯科 ほりこし歯科クリニック

トップページ
クリニック案内
ここが特色です
院長 / スタッフ紹介
院内のようす・設備
診療案内
一般歯科
予防歯科 / 歯のクリーニング
歯周病治療
小児歯科
審美歯科
ホワイトニング
インフォメーション
よくある質問/お悩み相談
お問い合わせ
リンク
ホームケア用品
ブログ

ほりこし歯科クリニック 歯周病治療
        歯周病治療

写真はクリックすると拡大表示されます。

歯周病とは
歯を支えている周りの組織に起こる病気です。

歯周病は痛みなどの症状を伴わないため、
進行しても気付きにくい恐い病気です。

歯を支えている組織を少しずつ破壊し、
進行すると歯がグラグラになり、
最後には抜け落ちてしまいます。

原因は「プラーク」、「歯石」です
【歯に付いた汚れ】が【歯磨き】で落とせないまま残っている
と、お口の中の細菌が結びつき、
【プラーク】【歯石】に。

これらは蓄積し続けると、歯ぐきの中で毒素を出し続け、
歯周病を進行させます。


                プラークによって腫れた歯ぐき→


歯周病の予防・進行を防ぐには、この「プラーク」、「歯石」を徹底的に除去し、
清潔な状態を保つことが大切です。

あなたは大丈夫? 30代が歯を失う分かれ道
現在、歯を失う主な原因は歯周病です。

50歳代から急速に歯を失い、
60歳では平均9本の歯を失っています。



ここで注目すべきは30歳代。

【歯を失いはじめる分かれ道】
と言われています。


実は80%の人が【歯周病予備軍】なのです。

歯周病予備軍かも?
「歯周病」は今や中高年の方の病気ではありません。

最近では、
20代・30代に【歯周病予備軍】は広がっています。


【歯磨き中に、歯ぐきから出血する】
【歯ぐきが赤く腫れたり、痛むことがある】などありませんか?


それは、
【歯周病予備軍】の兆候かもしれません。

そのままにしておくと、
5年後10年後は大変な事に…。


早い時期からの予防を始めましょう。


当クリニックの歯周病治療
【歯周病を悪化させない】・【歯周病にならないため】の早い時期からの継続的なケアに
力を入れています。

歯周検査・クリーニング
現在の状態、歯周病の進行程度を診査します。
その後、歯の周りについた歯石を取り、
清潔な状態にします。
↓
歯磨き
正しい磨き方のコツを知って、
プラーク、歯石の再付着を防ぎましょう。
↓
検査
歯周検査を行い、良くなっていない部分を探します。
良くなっていない部分には、再度クリーニングを行います。

歯周病が落ち着いてきたことが確認できたら、
健康な状態を保ち続けるためのメンテナンスへ入ります。
↓
メンテナンス
定期的に歯周検査し、悪くなったところがないかを調べます。
クリーニングを行い、歯石、プラークを付きにくくしていきます。

当クリニックでは、専任の歯科衛生士がブラッシングアドバイス・クリーニング等行っております。

再発しやすいため定期的な検診を
歯周病は再発しやすい病気です。

定期的なクリーニング・メンテナンスで、清潔な状態を保ち、
再発を防止しましょう。

このページのトップへ戻る ▲

COPYRIGHT(C)2008 ほりこし歯科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.